カウンセラーは聴くだけ?



カウンセリングを受けて、「カウンセリングって聴くだけでしょう」と感じる人もいると思います。
特に来談者中心療法のカウンセラーは、話を聴くだけでアドバイスもしないし、答えてもくれない。と思うかもしれません。

確かに基本姿勢は聴くなのですが…

ただ聴いているだけではありません。聴き方が違うし聴くことには意味があります。
ちゃんと聴くことはとても難しく、特別な効果を生み出します。

カウンセラーは、相談者の考えている事、感じている事を相談者の立場から理解しようとします。
基本的に分析・評価・アドバイスをしません。
あくまでも相談者から見た世界観を、想像・洞察しながら理解する為に聴いて発言をします。

相談者は理解されたと感じると、このカウンセラーには話が通じるとか、わかって貰える等、安心感や信頼感が生まれます。
そうすることで、相談者の思考は深まり、より問題の核心に近づいた発言になります。
逆に言うと、安心感や信頼感が育たないと先に進みませんので、この時点で、カウンセラーとの相性を判断しても良いと思います。

充分に聴いて貰い。安心感や信頼感が育つと、自分の存在意義が満たされます。
ありのままでいいとか、本当の自分はこうなのだとか感じたりします。

信頼感・安心感・存在意義が満たされた上で、初めてカウンセラーは、自分の世界観を持ち出し話します。
この事で、相談者は本当の事を言ってくれるとか、本気で関わってくれているとか感じたりします。

ここまで来ると、相談者はカウンセラーを使って、ひとりで考えまとめる方法を見つけます。
自分の中にある答えにならなかったものを、少しずつ形にして行く方法です。
実は、ちゃんと聴いて貰った経験のある人は、大なり小なりこの方法を体験として知っています。
逆に、ちゃんと聴いて貰った経験のない人は、この聴いて貰うの意味がよくわかりません。

ですから「カウセリングは、聴くだけでしょう。どうしていいのか教えてくれないし、アドバイスもくれない」となってしまいます。

カウセリングは他人を通して、自分とのコミュニケーション力を回復させる方法です。
自分の気持ちや他人の気持ちを聴くことは、最初から誰にでも出来ることではなく経験を積むことで出来る様になるものです。

カウンセラーは、ただ聴いているだけではなく。
相談者を理解する為に聴き。理解したことを伝え。
相談者の理解を深める為に聴き。理解を深める為に言葉を伝え。
必要であれば、自分が思っていることもちゃんと伝えます。
その言葉が結果的にアドバイスになったり、答えになったりする場合もあります。

カウンセラーが話を丁寧に聴くのは、相談者が自分に合った自分だけの答えを見つける環境を提供するためです。

2015年6月

コラムに戻る