カウンセリングのアプローチ


  • フォーカシングが好きです。
    ロジャーズの共同研究者であるジェンドリンが考えたもので、カウンセリングでなくても使えます。
    2人1組で行い。(ひとりでもできます。)自分との対話が目的です。
    心的変化は遅いですがとても安全だと思います。
  • 来談者中心療法が好きです。
    ロジャーズが考えたもので、カウンセリングを学ぶと必ずでてきます。
    カウンセリング目的で使います。
    相談者とカウンセラー2人でする対話ですが、相談者の世界観を中心に、相手の話を大切に聴くコミュニケーションです。
    心的変化はカウンセリングの内容次第で変わります。
    安全性はカウンセラー次第だと思います。
  • ベーシックエンカウンターグループが好きです。
    カウンセリング目的ではなく使います。
    ロジャースが考えたグループワークで、10名位で数日間行います。
    複数の相手との対話が目的です。
    複数いるので、結果的に傷つけること・傷つけられることがあります。
    安全とは言いきれませんが心的変化は大きいと思います。
  • ロジャースの考え方が好きです。
    特に後期のPCA(パーソン・センタード・アプローチ)が好きです。
    私がカウンセリングで使うのは、自分が好きで体験もし、実際に効果があるこれらのアプローチを基本的に使っています。

2015年3月

コラムに戻る